ご相談はコチラモットー先生
資金調達税務相談その他ご相談

ビジネスローンで融資を受けるメリットとデメリットとは?

ビジネスローンで融資を受けるメリットとデメリットとは?

ビジネスローンとは?

ビジネスローンとは、金融機関の融資商品の中でも事業資金に特化したものを指します。

一般的によく利用されているカードローンやフリーローンなどの融資商品では、投資やギャンブル、事業資金に使用することが認められていません。

これに対し、開業資金や運転資金、設備投資資金などの事業資金として使えるのがビジネスローンです。ビジネスローンを扱う金融機関には、銀行や信販会社、消費者金融などがありますが、ビジネスローンは原則として無担保で融資が受けられるという特徴があります。加えて、保証人が不要なケースもあるため、資金繰りが苦しい事業者にとって利用しやすい資金調達法と言えるでしょう。

また、ビジネスローンに申し込めるのは、法人経営者および個人事業主(フリーランス)に該当する方に限られます。基本的に、何らかの事業を営んでいる方であれば利用できますが、金融機関によって利用できる条件が異なるので注意が必要です。特に、申し込み時の年齢が満20歳から満69歳まででなければ利用できない金融機関が多いので、事前に利用条件を確認しておくことが大切です。

ビジネスローンについては詳しく以下記事で解説しています↓

ビジネスローンのメリット

審査の通りやすさ

ビジネスローンのメリットとしてまず挙げられるのは、比較的審査に通りやすいことです。

銀行が提供するビジネスローンは審査が厳しい傾向があるものの、消費者金融が提供するビジネスローンは、中小企業など銀行から融資を受けるのが難しい方を対象としているので、比較的審査に通りやすいというメリットがあります。

審査までのスピードが早い

申し込みから資金調達までのスピードが早いのもメリットのひとつです。

ビジネスローンの審査では、スコアリングシステムと呼ばれる手法が採用されています。スコアリングシステムとは、融資希望者が申告した事業内容や信用情報などのデータを処理し、各項目に点数付けすることで、自動的に融資の可否を判定する仕組みのことを指します。

融資希望者のデータと過去の融資データを照らし合わることで、融資の可否だけでなく、融資限度額や金利なども自動で決定されるので、ビジネスローンの審査は非常にスピーディという特徴があります。

一般的な融資では、銀行の場合は1か月前後、信用金庫では1~3か月ほどかかるケースも珍しくありませんが、ビジネスローンの場合、銀行でも3~5営業日ほどで資金調達することが可能です。また、消費者金融などのノンバンクの中には、最短即日での融資に対応しているケースもあるので、早急に資金調達する必要がある場合に非常に頼りになります。

総量規制がかからない

ビジネスローンは総量規制の対象にならないというメリットもあります。

総量規制とは、貸金業者から借り入れできる上限の金額を定めた法律で、現状では本人の年収の3分の1までしか借りることができません。

例えば、年収が600万円の方であれば200万円までしか借り入れできないことになります。また、すでに借り入れを行っており、その残高が120万円だった場合はあと80万円までしか借りることができません。

法人経営者の場合はこの総量規制は関係ないのですが、個人事業主の場合は事業目的の資金が必要なケースでも、一般的な融資では年収の3分の1までしか借り入れることができません。

しかし、ビジネスローンは総量規制の対象外とされているので、個人事業主でも年収の3分の1以上の金額を借り入れできる可能性があります。総量規制で制限されている金額以上の借り入れができる可能性があるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

無担保無償人で利用できる

上記でも触れましたが、原則として無担保無保証人で融資を受けられるのもビジネスローンのメリットです。

金融機関によっては、不動産や売掛債権を担保に融資を行っているケースもありますが、多くの金融機関では担保も保証人も不要です。担保にできる不動産を保有していなかったり、保証人になってくれる人が中々見つからなかったりする方も多いかと思いますが、そのような方々でもビジネスローンであれば融資を受けることができます。

ビジネスローンのデメリット

金利が高い

ビジネスローンのデメリットの中でも注意したいのが、金利が高いことです。

メガバンクの銀行融資の場合、近年では1%以下の金利で利用できるケースもありますが、ビジネスローンの場合は金利が1~14%ほどに設定されています。また、ノンバンクのビジネスローンの場合は5~18%ほどが相場です。

ビジネスローンは、無担保・無保証人で利用可能で、審査も比較的甘いという特徴がありますが、これは金融機関にとってはリスクがあることを意味しているため、その分金利が高く設定されています。返済の目途があり短期間の借入で済むケースであれば金利が多少高くても問題ありませんが、返済期間が長くなると利息だけで多額の金額になってしまうので十分に注意しましょう。

借入限度額が低い

借入限度額が低めなのもデメリットのひとつです。

銀行融資の場合、数千万円単位での事業資金を調達できますが、ほとんどのビジネスローンは限度額が数百万円に設定されているので、この点については念頭に置いておく必要があります。借入限度額はあくまで借りられる最大の金額なので、場合によっては希望額よりも大幅に低い額しか借りられない可能性があります。

そのため、各金融機関の借入限度額は参考程度に考えておきましょう。

融資履歴が残る

ビジネスローンの中でもノンバンクのローンを利用すると決算書の借入内訳にどこから借り入れしているのかが記載されます。

ビジネスローンに限った話ではありませんが、将来的に銀行や信用金庫などから借り入れすることになった場合、ノンバンクからの融資歴があると審査担当者に「銀行や公的機関からの融資が受けられない資金繰りが厳しい企業」と判断される可能性があります。

そのため、将来的に銀行などからの融資を希望するのであれば、ノンバンクからの借り入れは慎重に判断しましょう。

以下ビジネスローンの関連記事になりますので、是非ご覧ください!↓

まとめ

このように、ビジネスローンは比較的審査が甘めで審査のスピードが早いなど数多くのメリットがありますが、同時に金利が高く借入限度額が低めといったデメリットもあります。そのため、デメリットについても十分に理解した上で利用を検討してください。

資金の先生では資金調達のAI診断テスト

資金の先生では資金調達のAIテストを無料で受けることができます。

現在少しでも資金調達を考えている方は是非、お試しでやってみてください!