ご相談はコチラモットー先生
資金調達税務相談その他ご相談

返済不要な資金調達の方法とは【事業主必見!】

【事業主必見!】返済不要な資金調達の方法とは

起業したり会社経営するなどしている方であれば、事業活動を継続していくうえで常に一定のキャッシュが必要です。

現金が必要になるのは人件費はもちろん、原材料費や新規の機械設備購入から光熱費まで色々想定されます。

それらの支払が滞ればいくら売上を見込むことができても、いわゆる黒字倒産の憂き目に発展することも。つまり事業活動を継続するには資金調達は事業の行く末を左右する重大な課題だと言えるでしょう。

一般的な融資・資金調達は返済義務が生じる

資金調達を実践するのにまず検討するのは、金融機関や自治体などからの融資です。

しかし融資は金銭消費貸借であることから将来的に返済することが予定されています。金利負担が発生し、借入金に計上されるのでバランスシート上も財務状況が悪化してしまうでしょう。しかも不動産などのめぼしい担保がないと融資の審査を通過できなかったり、経営者保証などの保証人を金融機関などから求められることもあるのです。

返済不要な調達方法

このようなデメリットを克服する資金調達の方法として、返済不要の手段を利用するという選択肢が挙げられます。具体的には、国や自治体などの補助金や助成金、ファクタリング取引などが代表的です。資金を手に出来て返済不要というのは大きなメリット。そこでここでは、返済不要の資金調達である、補助金・助成金とファクタリング、それぞれの意義と特徴やメリット・注意点などをご紹介します。

①補助金

補助金と助成金は国や地方自治体や民間団体などから支出されており、返済不要で資金として活用が可能です。返済不要という点では共通しているものの、異なる部分もあります。事業の種類によっては交付額が高い金額で資金調達の有力な方法になることも多いです。条件に適合すれば資金調達の選択肢を増やしてくれますが、必ずしも希望通りに交付されるとはかぎりません。助成金と補助金、それぞれの異動に留意しながらポイントを確認しておきましょう。

補助金は、経済産業省や中小企業庁や地方自治体などが主体になって交付している制度であり、返済は不要です。主に新規事業創出や創業促進・業態変化など様々な政策目的を促進する手段のひとつとして実施しています。

補助金はあくまで国や自治体が政策目的を達成するべく実施している事業です。財源が制限されており、給付事業対象も要件が厳格に設定。補助金が交付される時期も予算が決定して執行可能になってからになるので、補助金の多くは新年度以後の4月から5月から公募されることが少なくありません。もっとも、補正予算が組まれるなどのイレギュラーな状況では、12月などに二次公募がかけられることもあります。また交付金額が大きく人気が集まるような補助金では、募集期限到来前に受付が終了することもあるようです。反面補助金は予算の制限があり、申請しても採択されるとは限らないので、審査合格率は40%程度とかなりハードルは高くなっています。後払いが原則で実際には1年後などに支払われるので、補助金交付までの資金は別途対応することが必要です。

補助金は、金額が数百万から数億円に及ぶこともあり、カバーできる経費の範囲も広いなどのメリットが意識されています。募集のタイミングを逸しないようにするにも、担当者が積極的に情報収集するなどの姿勢も求められます。

②助成金

助成金は主に厚生労働省や系列組織や自治体などが交付する金銭であり、主に雇用機会創出や人材育成などの趣旨で交付されています。代表的なものに雇用調整助成金を上げることが出来ます。助成金は雇用保険などの収入から支出されており、予算をその都度組む必要がありません。つまり、受け付け機関があまり厳しく設定されるわけではなく、原則年間を通じて申請可能です。業種や社員数・事業規模などの要件を充足している限り、ほぼ申請どおりに支給されます。

もっとも、補助金と同様に人気の高い助成金は、受付開始発表から2ヶ月程度で受付終了になることもあるようです。各自治体から支給されている助成金では、年度末の3月末までに受付期間が終了することが多い傾向にあります。

助成金は事前準備さえ十分に済ませておけば、支給される可能性が高いので国や自治体のホームページをこまめにチェックすることをおすすめします。前年度の助成金がそのまま引き継がれることも多いので、自治体ホームページなどに掲載されていれば、受付可能なこともあるので、確認する意義はあるでしょう。

これに対して補助金は受給条件が厳しく、募集期間も短く審査通過率も低いのが現実です。限られた期限内で審査通過できるに足りるレベルの書類を揃えるのは難しい側面があるので、社会保険労務士などの専門家に依頼することも見当することをおすすめします。

助成金・補助金に関して、詳しくは以下をご覧ください↓

③ファクタリング

ところで、助成金や補助金は返済不要ですが、交付する主体は行政庁やそれに準じる団体でした。これに対して民間会社が事業として展開している返済不要の資金調達方法が、ファクタリングなります。ファクタリングとは、企業間取引で発生する売掛金債権を売却して現金化するというものです。ファクタリングも民間の会社から資金調達するので、銀行などからの融資に類似しています。しかし、決定的に異なるのはファクタリングは返済不要ということです。

ファクタリングについて、詳しくは以下をご覧ください↓

ファクタリング の2社間取引と3者間取引

ファクタリングには2社間取引と3社間取引の二つの形態があります。

原則は取引先も関与する3社間取引、この方法では取引先にファクタリングを利用していることがばれてしまいます。ファクタリングを利用するのは、融資をうけるのが難しい事情があるからなので、取引先には不安を与えることが懸念されるでしょう。そこで、取引先が関与しない2社間取引が考案されました。ファクタリングのメリットは売掛債権の支払期日前の任意のタイミングで資金調達をはかれることです。特に病院や介護施設などの労働集約型事業で診療報酬などを見込める場合は、キャッシュフローを劇的に改善することができます。しかし、ファクタリングでは券面額100%で現金化できるわけではなく、手数料も設定されています。ファクタリングは融資ではなく、あくまで債権売買ということもあり、出資法などの規制を受けないので高額の手数料が控除されるというデメリットもあります。ファクタリングを利用するときは、実際に手に出来る現金がいくらなのかを意識して、利用を決断することは必須です。

2社間取引と3者間取引のファクタリングについて、詳しくは以下をご覧ください↓

資金の先生では資金調達のAI診断テスト

資金の先生では資金調達のAIテストを無料で受けることができます。

現在少しでも資金調達を考えている方は是非、お試しでやってみてください!