ご相談はコチラモットー先生
資金調達税務相談その他ご相談

日本政策金融公庫から資金調達するには

日本政策金融公庫から資金調達するには

私は銀行員ですが、資金調達手段として日本政策金融公庫は「銀行も一目おいている」存在です。
現在の日本における政府系金融機関として、日本政策金融公庫の扱う公的融資は中小企業の資金調達になくてはならない存在です。
そこで今回は、日本政策金融公庫の定義と、審査が通り資金調達できるポイントなどを解説します。
銀行融資と比較しながら、審査する銀行員の視点でわかりやすく説明しますので、ぜひ参考にしてください。

日本政策金融公庫で資金調達~日本政策金融公庫の融資とは?


日本政策金融公庫は国民金融公庫として発足し、その後環境衛生金融公庫(環衛公庫)と合併し国民生活金融公庫に名称変更となり、その後2008年に現在の日本政策金融公庫となりました。
ちなみに、従来の愛称である「国金(こっきん)」が長く浸透していたせいか、私のような年長の銀行員は、いまでも日本政策金融公庫のことを国金と呼ぶ者が多いです。

日本政策金融公庫とは?


日本政策金融公庫の正式名称は株式会社日本政策金融公庫で、愛称は「日本公庫」英語名称は「JFC(Japan FINANCE Corporation)」です。
一般の金融機関が行う金融を補完する目的で、国の政策や法律で決められた範囲で金融を取り扱う政府系金融機関です。(株式会社だが、国が100%株式を保有する特別な会社)
金融機関であっても主な業務は融資で、預金や為替(送金)などは扱っていません。

●目的
一般の金融機関が行う金融を補完することを旨とし、国民一般、中小企業者及び農林水産業者の資金調達を支援するための金融の機能を担うとともに、内外の金融秩序の混乱又は大規模な災害、テロリズム若しくは感染症等による被害に対処するために必要な金融を行うほか、当該必要な金融が銀行その他の金融機関により迅速かつ円滑に行われることを可能とし、もって国民生活の向上に寄与することを目的として業務を行っています。
日本政策金融公庫/会社概要 /日本政策金融公庫について(会社案内) /プロフィール
https://www.jfc.go.jp/n/company/index.html

日本政策金融公庫の融資とは?

日本政策金融公庫の融資についてポイントを簡単に解説します。

<日本政策金融公庫のポイント>

日本政策金融公庫では信用保証協会の保証は付かない(銀行プロパー融資と同じ)
融資は①「国民生活事業」②「中小企業事業」③「農林水産事業」の3部門があります。


①国民生活事業


国民生活事業は、小規模事業者や創業者に向けた事業資金融資を取り扱う
また、子供の入学資金など教育資金融資「国の教育ローン」も国民生活事業
国民生活事業で一先あたりの融資残高は平均約1,000万円
国民生活事業の融資としては「一般貸付」「マル経融資(小規模事業者経営改善資金)」「生活衛生貸付」などがある

②中小企業事業

中小企業事業は中小企業の成長・発展を支援する融資を取り扱う
中小企業事業で一先あたりの融資残高は平均約1億3,000万円
中小企業事業の融資としては「新事業育成資金」「女性、若者/シニア起業家支援資金」「経営環境変化対応資金(セーフティネット貸付)」などがある


③農林水産事業

農林水産事業は、農林漁業や食品産業などへの融資を取り扱う
農林水産事業の融資としては「スーパーL資金(農業)」「林業基盤整備資金(林業)」「漁業経営改善支援資金(漁業)などがある

参考出典:日本政策金融公庫/サービスのご案内

日本政策金融公庫で資金調達~融資審査3つのポイント


公的金融機関である日本政策金融公庫では、融資審査のポイントも特徴があります。
ここでは主なポイントを3つ紹介していきます。

<日本政策金融公庫の融資審査3つのポイント>


マニュアル化された審査~審査結果は原則「マルかバツ」「100か0」しかない
公明正大な審査~良くも悪くもお役所的
中小企業の味方~過去の業績も大事だが、やる気と将来性も審査に活かしてくれる。

融資審査のポイント1.マニュアル化された審査


日本政策金融公庫に限ったことではありませんが、現在の融資審査はマニュアル化されています。本来融資の審査とは、経験や知識に基づいて高度な判断を必要とする仕事ですが、時代の変化やシステム化の進展により、融資審査もマニュアル化、機械化がすすんでいます。
この点は、実際にマニュアルなどを見たわけではなく、仕事上で知り合った日本政策金融公庫職員との会話の中で聞いた話です。

審査がマニュアル化されているので、経験豊富な者でも初心者の職員でも同じ判断基準で融資審査を進めることができます。
特に日本政策金融公庫は公的金融機関なので、マニュアルに基づいた審査結果がOKなら融資しますし、ダメなら断わられるだけです。
したがって審査の基本は「ダメなものはダメ」なのです。

「そこを何とかお願いします」などの情実に訴えても結果は覆りませんし、地元の有力者などの口利きも一切効果はありません。
また、銀行などでは融資以外の取引があれば審査にプラスとなる場合もありますが、融資以外を扱っていない日本政策金融公庫ではこの手も使えません。

融資審査のポイント2.公明正大な審査

こちらはポイント1にも通じますが、日本政策金融公庫の審査は公明正大で、特別扱いは一切ありません。

まず日本政策金融公庫の職員は公務員にも準ずる立場であり、当然ながら特定の事業者に便宜を図ったり、その逆で狙い撃ちに厳しく対応することもありません。
ですから、上述したような地元有力者の口利きなど意味がありませんし、万一そのようなことをすれば、話しが悪くなるばかりでまったくプラスになりません。

また、融資審査の担当者には銀行のような個人ノルマはありません。(*)
したがって、自己成績のために無理して融資したり、情実に絡んで特別扱いしたりすることもないのです。
(*営業的なノルマがないというのも、知己の公庫職員から聞いた限りの情報です)

融資審査のポイント3.中小企業の見方

日本政策金融公庫の融資審査は、銀行など民間金融機関の審査と根底は同じです。
融資の申し込みがあれば、過去の業績を決算書などで確認して返済の確実性などを推しはかり多角的に融資審査をしていきます。

こうした手法は、ともすれば業績という過去の実績だけで融資審査をしているとも言え、最近では企業の経営方針(やる気)や事業計画(将来性)といった点を重視するように、監督官庁である金融庁は銀行に指示しています。
このような、企業の将来性を見据えることを「目利き力」といい、これが現在の銀行融資で浸透しつつある新しい融資審査の考え方です。

いっぽう日本政策金融公庫では、銀行が目利き力を唱えるよりも前から、企業のやる気や将来性を重視して融資審査をおこなって来ました。また中小企業への円滑な金融を行う使命もあり、民間金融機関より柔軟に審査をしてくれるので、まさに「中小企業の見方」と言えるでしょう。

日本制作金融公庫で融資を受けるメリットとデメリットに関して以下で詳しく解説しています↓

日本政策金融公庫の融資審査は柔軟、でも「ユルい」わけではない~まとめとして

日本政策金融公庫は中小企業の見方だと説明しました。銀行員として本当にそう考えていますし、公的金融機関としての柔軟な審査も事実だと思います。
しかしながら、審査が柔軟だといっても、それは審査が「ユルい」ことにはなりません。
公明正大に審査をしてもダメなものはダメ、この点は銀行と変わりません。

一部のネット記事であたかも日本政策金融公庫の融資審査がユルいといった表現を見受けますが、これには賛同できません。
また同じくネット記事で
「当社なら日本政策金融公庫の審査を通します!」
「日本政策金融公庫ともパイプがあります」
「日本政策金融公庫の審査を通るノウハウが当社にはあります」
このような記載も、同じ金融業界で日本政策金融公庫のことも知っている銀行員にはとても信じられない表現です。もちろん私見ではありますが、本気で考えています。

資金の先生では資金調達のAI診断テスト

資金の先生では資金調達のAIテストを無料で受けることができます。

現在少しでも資金調達を考えている方は是非、お試しでやってみてください!