ご相談はコチラモットー先生
資金調達税務相談その他ご相談

ファクタリングとは?メリットとデメリットは?

ファクタリングで審査を通して資金調達するには

ファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛金などの売掛債権をファクタリングサービス会社に譲渡して、期限より前に現金化できるサービスです。もちろん手数料などはかかってきます。

こういった法人の売掛債権を対象としたファクタリング とは別に、個人向けのファクタリング 「給与ファクタリング 」なども存在します。こちらは個人の給与を、ファクタリング会社に売却し、給料日より前に現金化するというファクタリング です。違法業者が多く、たびたびニュースにもなっているので利用する際は十分ご注意ください。

ここでは企業向けのファクタリング についてお話しします。

ファクタリングの種類

ファクタリング には大きく分けて3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2種類があります。

2つの大きな違いは売掛債権の譲渡を売掛先に知られるか、知られないかです。

くわしくはこちら 3社間ファクタリングと2社間ファクタリングとは

ファクタリング のメリット

業績が悪くても資金調達が可能

通常、融資などで資金調達を行う場合、自社の業績が悪いと融資を受けることができません。

しかし、ファクタリングの場合は売掛債権を使って資金調達するため、売掛債権を売却することにより自社の業績にかかわらず資金調達ができます。

売掛金を期日より前に現金化できる

売掛金などの売掛債権は、実際に現金化できるまで時間かかってしまいます。

たとえ大きな売り上げを立てても、売掛債権の現金化に時間がかかったため、資金繰りがうまくいかなくなり黒字倒産してしまう会社も世の中には存在します。

ファクタリング会社に債権債権を譲渡し、期限前に現金化することにより、融資を受けずに資金繰りを改善することが可能です。

借金ではないため、信用情報へ記録が残らない

経営的には、将来の融資などの資金調達を有利にするためにも信用情報はキレイに保っておきたいもの。

その点、ファクタリング は借金ではないため、信用情報へ記録が残ることはありません。

自社が持っている売掛債権を現金化するだけなので、借金にはあたりません。

取引先倒産に備えることができる

せっかく立てた売上も取引先が倒産してしまったら、回収できません。

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡し、貸倒が発生する前に現金を回収することが可能になります。

担保や保証人が不要

通常、融資などで資金調達する場合は担保や保証人が必要になります。

しかし、ファクタリング の場合は担保や保証人を用意せず、現金を調達することが可能になります。

審査が比較的柔軟

担保や保証人が不要という時点で、もうすでにおわかりませんが、銀行などの融資と比べて、審査が比較的柔軟です。

ファクタリング 会社は取引先が倒産でもしない限り売掛金は回収できます。そのため、審査は銀行ほど比較的厳しくはありません。

取引先に知られずに知られずに売掛債権を現金化することが可能

できることなら、取引先にファクタリング サービスをつかったことを知られたくないと思う方が多いでしょう。

「2社間ファクタリング 」であれば取引先に知られずにファクタリング を実行できます。

※2社間ファクタリングについてくわしくはこちら 3社間ファクタリングと2社間ファクタリングとは

スピード感のある資金調達が可能

ときにはすぐにまとまった現金が必要になる場合があります。そんなとき、銀行などに融資を依頼していては間に合いません。

ファクタリングの場合、最短で即日で現金化が可能です。むろん、利用するファクタリング会社、そのときの内容によるかと思いますが、総じて非常に早く現金化が可能です。

ファクタリング のデメリット

手数料がかかる

ファクタリングには手数料がかかります。

手数料は、どこのファクタリング業者を利用するのか?「2社間ファクタリング 」なのか「3社間ファクタリング 」なのか?などで違ってくるため、利用の際はファクタリング 会社に見積もりを取ってみることをお勧めします。

3社間ファクタリング だと取引先に知られてしまう

3社間ファクタリングだと、取引先にファクタリング の利用が知られてしまいます。これにより「この会社の資金繰りは厳しいのではないか」と思われるリスクもあります。

だからといって、知られてしまう以外、取引先になんの影響もありません。

もし3社間ファクタリングを利用する場合は、事前に取引先に話をしておくほうがスムーズでしょう。

3社間ファクタリングについてくわしくはこちら 3社間ファクタリングと2社間ファクタリングとは

まとめ

ファクタリングは経営においても資金調達において非常に有効な手段です。

一般的な融資に比べ、若干手数料が高いですが、その分柔軟な資金調達が可能になります。

現状は、まだあまり知られていない資金調達方法ではありますが、近年は大手もファクタリング事業に参入しはじており、今後もっと一般的な資金調達の手法なっていくかと予想されます。

メリットも非常に多いため、あなたのビジネスを成長させる一つの手段として活用していただければと思います。